大事なものは目には見えないⅡ
2022年8/9月 239号

今号の特集タイトルは「大事なものは目には見えないⅡ」。元首相が銃撃され、参院選は自民が大勝…胸がざわざわする今だからこそ、ちょっと立ち止まって「目には見えないものに思いを巡らせ、届かない声(言葉)に耳をすませていたい」という思いでつけました。

特集は4本。ウクライナから避難した子どもたちを支援するポーランドのダヴィドさんのお話。チェルノブイリと福島を撮り続ける写真家・中筋純さんのお話。「311子ども甲状腺がん裁判」の原告の若者たちの声と思いを伝えてくれるのは片山夏子さんと岩崎眞美子さんです。

表紙の絵は、障がいのある方たちのつくるアート作品を見てもらえる機会をもっと増やしたい、とスペースナナで開催された「ココロはずむアート展」に出品された二見育海さん(アート屋わんど/横浜市緑区)の作品(一部)です。

くわしくはこちら&ちょっと立ち読み

We 最新号のご購入はこちら

バックナンバー

We238号(2022年6/7月)ケアを地域にひらく
We237号(2022年4/5月)声をあげる場とつながりをつくる
We236号(2022年2/3月)語ること、聞くことの先にある希望
We235号(2021年12/1月)これからの“つなぐ、つながる”
We234号(2021年10/11月)暮らしと人生を自分たちの手に取り戻す
We233号(2021年8/9月)心のふるえを取り戻す
We232号(2021年6/7月)なかったことにしない
We231号(2021年4/5月)語られなかった言葉を聴く
We230号(2021年2/3月)ひとりじゃない、ひとりにしない
We229号(2020年12/1月)生きていていい、と感じられる仕組み
We228号(2020年10/11月)コロナのあとも〈居場所〉であり続けるには
We227号(2020年8/9月)リスクを引き受けながら大切にしたいこと
We226号(2020年6/7月)世界によって自分が変えられないために
We225号(2020年4/5月)やりたいことを大事にして生きる
We224号(2020年2/3月)人は人の中で生き直すことができる
We223号(2019年12/1月)まじりあう場をデザインしよう
We222号(2019年10/11月)あなたもわたしも無力じゃない
We221号(2019年8/9月)生きていてよかったと思える社会をつくる
We220号(2019年6/7月)今この瞬間をたのしむ
We219号(2019年4/5月)横に並んで、同じ未来を見よう
We218号(2019年2/3月)続けること、あきらめないこと
We217号(2018年12/1月)つながりの中で生きる
We216号(2018年10/11月)支える・つなぐ・つくる
We215号(2018年8/9月)堂々と生きていい
We214号(2018年6/7月)多様なものと折り合う力
We213号(2018年4/5月)困りごとで地域を豊かに
We212号(2018年2/3月)ずっととどまり、耕し続ける
We211号(2017年12/1月)記憶をつなぎ、伝える
We210号(2017年10/11月)学校でできること
We209号(2017年8/9月) いつでも帰ってこられる場所
We208号までのブログは過去のサイトにてご覧頂けます。

お知らせ

2022.7.25 We239号 定期購読のみなさまには7/29頃の発送になります。