最新号&ちょっと立ち読み

特集:大事なものは目には見えないⅡ
We239号(2022年8/9月号)

今号の特集タイトルは「大事なものは目には見えないⅡ」。元首相が銃撃され、参院選は自民が大勝…胸がざわざわする今だからこそ、ちょっと立ち止まって「目には見えないものに思いを巡らせ、届かない声(言葉)に耳をすませていたい」という思いでつけました。

特集は4本。ウクライナから避難した子どもたちを支援するポーランドのダヴィドさんのお話。チェルノブイリと福島を撮り続ける写真家・中筋純さんのお話。「311子ども甲状腺がん裁判」の原告の若者たちの声と思いを伝えてくれるのは片山夏子さんと岩崎眞美子さんです。

表紙の絵は、障がいのある方たちのつくるアート作品を見てもらえる機会をもっと増やしたい、とスペースナナで開催された「ココロはずむアート展」に出品された二見育海さん(アート屋わんど/横浜市緑区)の作品(一部)です。

We 最新号のご購入はこちら

【目次】

↑クリックすると拡大します)

【緊急チャリティ講演】ダヴィド・ヤルゾンベク・ノヴァクさん
ウクライナの子どもたちはいま ~ ポーランドからの報告~


↑ちょっと立ち読み(クリックすると拡大します)

【お話】中筋 純さん
チェルノブイリから福島へ
─「もやい.next」にかける想い



↑ちょっと立ち読み(クリックすると拡大します)

【寄稿】「10年誰にも言えなかった」
─ 福島子ども甲状腺がん訴訟・原告の思い 片山 夏子


↑ちょっと立ち読み(クリックすると拡大します)

【寄稿】声をあげた甲状腺がん患者たち
岩崎 眞美子


↑ちょっと立ち読み(クリックすると拡大します)

【連載】
  • 水俣病患者相談窓口の日々【15】 彼女たちの水俣病  永野 三智
  • 授業実践 風がかわる 匂いがかわる【37】教育実習体験記 ─ ひとり暮らしの住まい探し 秋本 彩乃
  • オホーツクの潮風荒く 江口 凡太郎
  • リレーエッセイ 手間隙工夫をたのしもう【29】食品ロスを防ぐ きゅうりの簡単漬けとベジブロス 勝田 映子
  • 「公立中学校」でしなやかに生きること(62)「公立小学校」でしなやかに生きること(その2) 石川 晋
  •  
  • おすすめ映画情報『スープとイデオロギー』 菅井 ゆきえ
  • 八十路雑感【15】移り住めば「砂川」 向井 承子
  • ミステリー案内~ひと持ち、本持ち、こころ持ち(51)『過ちの雨が止む』 稲塚 由美子
  • リレーエッセイ マザーズジャケットの魔法(51)吉田 朋子
  • ジソウのお仕事、その後(81)おいしいごはんの作り方 青山 さくら
  • 「支援をしない」と言いながら「支援」を考えてみる(24) 明日が楽しみになる薬 宮田 隼
  • ケの話(17)門番はだれ 坂本 菜の花
  • リレーエッセイ #沖縄の声を運んでください(6)西尾 慧吾 市民自治の力を信じ、「憲法を活かす政治」を絶対実現する!
  • 【新連載】福島第一原発から25キロに住む一人として(1)高村 美春 証言者と語り部
  • 新・同時代の男性学(45)神政連って、どんな人たち? 沼崎 一郎
  • 女がマスメディアで生きるということ(13)「次の職場は勝手に探せ」の衝撃 竹信 三恵子

●読者のひろば
●編集後記


We 最新号のご購入はこちら